肌の黒ずみは紫外線によるメラニン色素が増えて沈着することが原因だと言うことは良く知られています。でも、肌を露出することがが少ない乳首・乳輪やVラインなども黒ずみます。

なんで紫外線に直接当たらないのに乳首が黒ずんでしょうか? その原因は、肌の締め付けが大きい下着や肌を刺激する素材の衣服を着ること、授乳時の刺激や摩擦でもメラニンの量が増えて黒ずみ原因になるそうです。

また、ホルモンのバランスの乱れも原因になります、生理中や生理前後は肌が過敏になるので、いつもより刺激が強くなり乳首が黒ずみ易くなってきます。このように、乳首の黒ずみの原因はメラニン色素の沈着ですが紫外線を避ける以外にも日常生活で予防改善することが出来ると言うことになりますね!

しかし、紫外線が肌に対して悪者のように思われがちですが、適度に浴びることも必要です!紫外線を浴びるとビタミンDが生成されてカルシウムの吸収を促進させてくれます。得に女性は閉経後、カルシウムの吸収が極端に低下するので紫外線に触れることは大切になったきます。1日何時間も必要ないですが5分~10分は浴びるように心掛けましょう!

黒ずみの無い白い肌になっても骨がスカスカでは骨折の原因になります。この辺を考えながら乳首の黒ずみ対策をしましょう!

以上が、乳首や乳輪が黒ずむ原因ですが、若い方はメラニンの分泌が活発なのである程度の黒ずみは避けられません!

なので、乳首が黒いと悲観することはありません!なぜなら若い証拠ですから!

詳しい記事はこちらを参考にして下さい!⇒おばあちゃんの乳首が薄いピンク色の理由とは?

乳首の黒ずみを解消する方法?

東洋人、特に日本人はメラニンが多いと言われており、乳首あデリケートゾーンの黒ずみで悩んでいる人が沢山います。

これを解消すためには、紫外線を避けたり下着などの刺激を減らすと同時に、クリームなどでケアすることも必要です。

美白成分のビタミンC導体やトラネキム酸のクリームは、メラニン色素の生成を抑えるたり還元する効果がありますので、気になる乳首やVラインの黒ずみを予防・ケアすることも可能です。

また、黒ずみを薄くしていくにはターンオーバーを促進させることも効果的です。それにはヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分を摂ることも大切です。

しかし、 保湿成分クリームを使用したけどあまり効果がなかったと言う方は、デリケートゾーン専用の黒ずみ解消クリームが適してます。乳首は、ビキニラインより過敏でデリケートな部分です。デリケートゾーンは一般の保湿クリームで効果がは思ったほど効果はありません!

やはり、乳首の黒ずみを解消するには、デリケートゾーン専用黒ずみクリームがおすすめです。




「パイパン黒ずみ」TOPページ